ロゴ

WAKAYAMA 150th
たれ幕

お知らせ

2021.11.23

記念式典の日程が決まりました。

2021.11.1

著名人メッセージを掲載しました。

2021.8.24

記念式典は新型コロナウイルス感染拡大防止のため延期となりました。(詳細は決まり次第掲載します)

2021.8.21

記念式典観覧者の募集を終了しました。

2021.7.28

物産販売出店情報を追加しました。

2021.7.13

関連サイトを追加しました。

2021.7.10

記念式典観覧者の募集を開始しました。

2021.7.7

特設サイトを公開しました。

開催目的

 明治4年(1871年)11月22日、和歌山・田辺・新宮の3県の統合により、現在の和歌山県が誕生しました。
 誕生150年を記念し、これまでの県の歴史を振り返り、未来を考える機会となる記念事業を実施します。記念式典やパネル展を開催するとともに、150年の歩みを映像にまとめます。
 県民の皆様が、郷土についてさらに理解と関心を深めることで、ふるさとを愛する心を育む機会といたします。

「和歌山県誕生150年記念ロゴ」

記念式典

令和4年321日(月・祝)
開演

12:30
17:00終了予定

会場
和歌山県民文化会館大ホール

和歌山市小松原通1-1

和歌山県民文化会館へのアクセス方法(外部サイト)

WEBライブ配信

※準備中です

応募方法等は決まり次第掲載します。
記念式典観覧者募集
無料

和歌山県誕生150年をみんなで祝おう!

記念式典の観覧者を募集します。

(※応募受付は終了しました)

抽選1,800
応募締切
820日(金)

当日消印有効

応募受付は終了しました

記念講演

「和歌山の近代150年を問う」

御厨 貴(みくりや たかし)氏

Takashi Mikuriya

東京大学法学部卒業。東京都立大学教授、政策研究大学院大学教授、東京大学先端科学技術研究センター教授、放送大学教授などを歴任し、現在、東京大学先端科学技術研究センターフェロー。東京大学、東京都立大学名誉教授。サントリーホールディングス株式会社取締役。サントリー文化財団理事。
内閣府公文書管理委員会委員長、東日本大震災復興構想会議議長代理、復興庁復興推進委員会委員長代理、天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議座長代理など数々の要職も務めた。また、平成19年4月から平成30年9月『時事放談』のキャスターを務めるなど、メディアでも活躍。

「わが生地、わが聖地・熊野」

辻原 登(つじはら のぼる)氏

Noboru Tsujihara

和歌山県印南町出身。平成2年『村の名前』で芥川賞、平成11年『翔べ麒麟』で読売文学賞、平成12年『遊動亭円木』で谷崎潤一郎賞、平成17年『枯葉の中の青い炎』で川端康成文学賞、平成18年『花はさくら木』で大佛次郎賞、平成22年『許されざる者』で毎日芸術賞、平成23年『闇の奥』で芸術選奨文部科学大臣賞、平成24年『韃靼の馬』で司馬遼太郎賞。他に『家族写真』『発熱』『冬の旅』『籠の鸚鵡』『卍どもえ』等著書多数。日本芸術院会員、神奈川県立神奈川近代文学館館長。

和歌山県文化表彰受賞記念演奏

辻󠄀本 好美(つじもと よしみ)氏 尺八

Yoshimi Tsujimoto

和歌山県橋本市出身。平成22年東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。平成25年日本大使館主催チリ・アルゼンチン南米ツアー公演、平成26年中米ツアー公演、スペイン国交400周年事業での演奏など、国際的に活躍。平成28年史上初の女性ソロ尺八奏者としてメジャーデビューし、アルバムがワールドチャート1位を獲得。海外公演は24ヶ国34都市を超える。国内ではFIFAU-20女子ワールドカップJAPAN2012、天皇皇后両陛下ご出席の第3回野口英世アフリカ賞授賞式及び記念晩餐会など様々な舞台で演奏。平成26年橋本市文化奨励賞、令和2年和歌山県文化奨励賞、大桑文化奨励賞を受賞。
中谷 政文(なかたに まさふみ)氏 ピアノ

Masafumi Nakatani

和歌山県和歌山市出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高校を経て東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。その後渡米し、インディアナ州立大学ジェイコブズ音楽学部修士課程、マイアミ大学フロスト音楽学部博士課程を修了。第48回全日本学生音楽コンクール全国大会小学校の部第1位及び野村賞、第8回ソフィア国際ピアノコンクール”アルベール・ルーセル”第1位及びY.Boukoff賞など幼少期から現在に至るまで多数の受賞歴を誇る。現在、エリザベト音楽大学演奏学科ピアノ専攻専任講師。平成30年和歌山市文化奨励賞、令和2年和歌山県文化奨励賞を受賞。

映像上映

150年の歴史を振り返る「和歌山県のあゆみ」を上映します。

作文発表

小中高校生が「未来へのメッセージ」をテーマにした作文を発表します。

物産販売

プレミア和歌山推奨品をはじめ選りすぐりの県産品を販売します。(11:30〜17:30)

物産販売出店情報

出店者名

プレミア和歌山認定推奨品

出店者名

あみ清数見商店

プレミア和歌山認定推奨品

紀州金山寺味噌

出店者名

一の橋天風

プレミア和歌山認定推奨品

天風ラスク

出店者名

井上梅干食品株式会社

プレミア和歌山認定推奨品

紀州うす塩味梅(はちみつ入)他

出店者名

有限会社熊野鼓動

プレミア和歌山認定推奨品

熊野本宮釜餅

出店者名

株式会社サンフレックス

プレミア和歌山認定推奨品

イノブタ3種のサラミ

出店者名

じゃばらいず北山

プレミア和歌山認定推奨品

北山村じゃばら果汁

出店者名

髙田耕造商店

プレミア和歌山認定推奨品

棕櫚製品

出店者名

文左

プレミア和歌山認定推奨品

パンダのどら焼、柚もなか、古城梅、むろの柚、郷土玩具

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来場の際にはマスク着用のうえ、検温・手指消毒等の衛生対策にご協力くださいますようお願いします。(検温で体温37.5度以上の方は入場できません。)
※新型コロナウイルスの感染状況により式典内容に変更が生じる場合があります。

パネル展

申し込み不要

記念パネル展

期間

1119日(金)〜1122日(月)

9:00〜17:00(最終日16:00)

場所

和歌山県民文化会館1階特設展示室

和歌山県民文化会館へのアクセス方法(外部サイト)

和歌山県の150年を振り返ったパネルの展示、記念映像の上映、懐かしの県広報紙「県民の友」なども展示します。

巡回パネル展

<令和3年7月現在>

期間(予定)

会場

休み

期間(予定)

8月25日(水)〜8月31日(火)9:00〜21:00(※2)

会場

和歌山県立情報交流センター ビッグ・ユー(田辺市)

休み

月曜日

期間(予定)

9月1日(水)〜9月7日(火)9:00〜23:00

会場

スーパーセンターオークワ南紀店(新宮市)

休み

期間(予定)

9月10日(金)〜9月17日(金)10:00〜20:00(※2)

会場

イズミヤ紀伊川辺店(和歌山市)

休み

期間(予定)

9月28日(火)〜10月4日(月)9:00〜21:00(※2)

会場

湯浅えき蔵(湯浅町)

休み

期間(予定)

10月5日(火)〜10月11日(月)9:00〜22:00(※2)

会場

オークワロマンシティ御坊店(御坊市)

休み

期間(予定)

10月13日(水)〜10月19日(火)10:00〜20:30

会場

イズミヤ和歌山店(和歌山市)

休み

期間(予定)

10月22日(金)〜11月2日(火)9:00〜21:30(※2)

会場

海南nobinos(海南市)

休み

期間(予定)

11月4日(木)〜11月15日(月)9:00〜17:00(※2)

会場

和歌山県植物公園緑花センター(岩出市)

休み

火曜日

期間(予定)

11月24日(水)〜11月30日(火)10:00〜21:00

会場

イオンモール和歌山(和歌山市)

休み

期間(予定)

12月7日(火)〜12月14日(火)9:00〜22:00(※2)

会場

かつらぎ総合文化会館(かつらぎ町)

休み

月曜日

(※1)会場内の設置場所は各会場でご確認ください。
(※2)初日、最終日は開催時間が異なります。

著名人メッセージ

和歌山県誕生150年を記念し和歌山県ゆかりの著名人にメッセージをいただきました。

仁坂 吉伸

和歌山県知事

中谷 政文

エリザベト音楽大学演奏学科専任講師

(1)和歌山県誕生150年のメッセージ

和歌山県誕生150周年を心よりお祝い申し上げます。私が生まれて間もない昭和60年代の和歌山県の街並みは今でも記憶の片隅に残っております。私の心の故郷(ふるさと)和歌山県の、益々のご発展をお祈り申し上げます。


(2)あなたにとって和歌山県とはどんな街ですか?

生まれてから中学を卒業するまでの15年間を和歌山県で過ごしました。
音楽を勉強する過程で様々な場所に移住する機会がありましたが、時が立てば経つほど、生まれ育った和歌山県が唯一無二の存在であることを痛感させられます。

小西 博之

俳優・日本航空高等学校[通信制課程]校長

辻󠄀本 好美

尺八奏者

中谷 仁

智辯学園和歌山高等学校野球部監督

早田 卓次

日本オリンピアンズ協会 副会長

(1)和歌山県誕生150年のメッセージ

「澄みきった海、迫り来る山なみ、美味しい水」
和歌山県誕生150年誠におめでとうございます。自然のまちの和歌山県を皆さんで支えて行きましょう。


(2)あなたにとって和歌山県とはどんな街ですか?

生まれ育ててくれた和歌山県です。
今年は2020東京オリパラが開催され聖火リレーにも参加しました。私のスポーツ人生を豊かにしてくれた和歌山県にいつまでも愛情と感謝で一杯です。

竹中 平蔵

慶應義塾大学名誉教授・元国務大臣

(1)和歌山県誕生150年のメッセージ

歴史家シュペングラーは、どの文化にも「基本概念」があると考えた。それがゲルマン人には「森」、日本人には「木」だという。紀伊国は、木の国から来ている。日本の基本を司る和歌山・・150年をきっかけに、もっともっと頑張れ!


(2)あなたにとって和歌山県とはどんな街ですか?

私はイタリアが好きだ。特に南イタリアの、海と、山と、食と、歴史。しかしそのどれをとっても、本来和歌山は負けない筈だ。素晴らしいポテンシャルを持ちながら、まだまだ遠慮してそれを発揮していない。ちょっと呑気すぎる故郷?

田川 寿美

歌手

ウインズ平阪

歌手

(1)和歌山県誕生150年のメッセージ

県民の皆様おめでとうございます。
音楽や歌を生業にし、細々ではありますが幸せな人生を過ごせたのは、日本で唯一「歌」の字が付いた和歌山県で生まれ育てたからこそです。
その感謝と誇りを胸に、いつか故郷に恩返しができるよう努力したいと思います。


(2)あなたにとって和歌山県とはどんな街ですか?

日本の食文化の根幹でもある、味噌、醤油、鰹節が発祥し、その食物の豊かさから優れた人物が育つ県で、特に県庁所在地にもかかわらず、海水浴場が5つもある和歌山市は、自然環境に恵まれた上に、程よい便利さがあり、日本一、いや世界一暮らしやすい街。

桂 枝曾丸

落語家

(1)和歌山県誕生150年のメッセージ

町の景色が変わる事があっても受け継がれてきた伝統や文化。
それに心意気は、県民の財産です。
先人たちの教えや知恵を受け継ぎ、これからも魅力ある和歌山県に!


(2)あなたにとって和歌山県とはどんな街ですか?

生まれ育った町に思いを寄せる事で、家族や友人の温かみを知る事が出来る。
その懐の深さをいつも私は、故郷和歌山に感じております。
どっしりとゆったりとしたこの町が私は大好きです。

本谷 紗己

モデル

(1)和歌山県誕生150年のメッセージ

和歌山県誕生150年、おめでとうございます。
150年という記念の節目をみなさんと共有することができとても嬉しいです。
改めて、「ふるさと」和歌山について歴史を学び振り返りながら魅力を再発見していきたいです。


(2)あなたにとって和歌山県とはどんな街ですか?

私にとって和歌山県は、自然と笑顔になる町です。
和歌山のおいしいものを食べて、山、海、川と自然のなかで遊んだり、かわいいカフェも多く、年中通して楽しめる場所です。
そんな和歌山県の魅力をこれからも自分自身楽しみながらお伝えできたらいいな、と思います。

岡本 玲

女優

(1)和歌山県誕生150年のメッセージ

和歌山県誕生150年おめでとうございます!海、山、川に囲まれた大自然、清く澄んだ空気、豊富な特産物、高野山や熊野古道をはじめとする歴史や文化、上げだすとキリがないくらい、和歌山には沢山の魅力が溢れていると実感しています。もっと多くの人にこの素晴らしさを広めていきたいですし、これからまた新しい和歌山の魅力を発見していくのが楽しみです。本当におめでとうございます。


(2)あなたにとって和歌山県とはどんな街ですか?

自分の感性を養ってくれた大切な場所です。仕事でいろんな役柄を演じるにあたって、子供の頃に山で木登りしたり、みかん狩りをしたり、高野山を訪れて歴史について家族と話したり、そんな五感を刺激した原体験がいまの自分らしさをつくっているんだなと実感することが多いので、故郷わかやまで過ごした時間はわたしにとってとてもかけがえのないものになっています。

米倉 れいあ

タレント

(1)和歌山県誕生150年のメッセージ

誕生150年おめでとうございます!!昔からあったって考えるとすごいですね。150年前って和歌山どんな感じだったのかすごく気になります(笑)


(2)あなたにとって和歌山県とはどんな街ですか?

海も山もあり、すごく素敵な場所です!自然といえば和歌山って言えるほど綺麗で落ち着く場所です。地元が和歌山で良かったと思っています!!

中島 由貴

声優

濱中 治

元阪神タイガース

(1)和歌山県誕生150年のメッセージ

和歌山県誕生150周年、誠におめでとうございます。
今はコロナ渦で大変な日々を過ごしていると思いますが、和歌山県民の皆様がまた笑顔を取り戻せる日々が来ることを願っています。
和歌山県の益々のご発展を祈っています。


(2)あなたにとって和歌山県とはどんな街ですか?

私にとって和歌山県は心が休まる数少ない場所の一つです。
海や山、川など大自然に恵まれた素晴らしい場所で、特産品のみかん、梅、魚は私も大好きです。
こんな和歌山県は私にとって大切で大好きな場所です。

デューク更家

ウォーキングドクター

(1)和歌山県誕生150年のメッセージ

歩くことが一番な国を目指し、広いすばらしい土地をおおいに歩いていただき、「僕は和歌山だ!」「私も和歌山よ!」と声を大にして言えるような元気な和歌山づくりを私もがんばって盛り上げます。和歌山、元気です!


(2)あなたにとって和歌山県とはどんな街ですか?

脳裏に刻まれた和歌山の自然が私の元気のルーツです。和歌山県民の皆さんは本当に心根がよくて親切で、全国各地でいつも優しく明るく声をかけてくれるので元気をもらっています。和歌山、大好きです!

西川 遥輝

プロ野球選手

(C)HOKKAIDO NIPPON-HAM FIGHTERS

(1)和歌山県誕生150年のメッセージ

このたびは、地元の和歌山県が150周年を迎えたことを心からうれしく思います。
少しでも県民に勇気と希望を与えられるように、これからも頑張っていきたいです。


(2)あなたにとって和歌山県とはどんな街ですか?

高校時代までを過ごした和歌山県は、私にとって特別な場所ですし、強い思い入れがあります。
特に県民の大きな期待を背負って戦った甲子園大会は、今でも鮮明に覚えています。

四十住 さくら

スケートボード選手

澤 和樹

ヴァイオリニスト・東京藝術大学長

(C)Kenshu Shintsubo

溝端 淳平

俳優

(1)和歌山県誕生150年のメッセージ

和歌山県誕生150周年おめでとうございます。壮大過ぎてあまり実感はできませんが、先人の方々が築いて下さった土台の上で自分たちは生まれ育まれたことに、感謝する心をより一層深める機会になりました。歴史が深く日本食文化の発祥とも言われている和歌山県を誇りに思います。


(2)あなたにとって和歌山県とはどんな街ですか?

和歌山を離れて感じたことですが、非常に情に厚く、優しい土地柄だと思います。東京五輪で金メダルを獲得された四十住さくら選手も地元の協力があったと仰っていましたし、甲子園優勝の智弁和歌山高校野球部の皆さんもそうだと思います。そしてもちろん僕も、故郷からの応援を深く感じております。

和歌山県の150年

紀伊半島に位置する和歌山県は、古来「紀伊国」と呼ばれていました。
和歌山県の成り立ちや由来、歴史年表などをご紹介します。

詳細ページへ

関連サイト